個人輸入の危険性

EDでも諦めない

個人輸入の危険性

個人輸入という言葉も珍しくなくなってきました。

インターネットの普及により、個人でも簡単に海外から商品を購入することが
できるようになりました。

正規の日本のショップから購入するより、直接海外から購入した場合の方が
安い場合もあり、個人で輸入する人が増えているそうです。

そこで注意するべきなのが、偽物の存在です。
ネットでの購入の場合は実物を見ることができないので、偽物の特定ができません。

そういった偽物の被害はED治療薬として有名なバイアグラでも起こっています。

バイアグラなどのED治療薬は医薬品なので、購入の際には医師の処方が必要です。
また、保険適用外なので価格が高いのもあり、そういった煩わしさからかネットで
購入する人が多いという面があります。

しかし、バイアグラのインターネット流通の約半分が偽造品だったというデータがあります。

偽造品の品質にはばらつきがあり、医薬品の成分の含有量が承認されている用量より
多い、少ないだけでなく、全く含有していないものや、複数の不純物が含まれている
ものもあったそうです。

バイアグラ購入時の注意として、こういった偽物の存在があります。

不正規ルートで入手したバイアグラは、偽造品の可能性が高く、思わぬ健康被害の
可能性もあるのです。

copyright(C)EDでも諦めない